「ウィズ・コロナ掲示板」(2021年11月3日~12月)

当地伊豆では夏本番を控え、海水浴場の開設を発表しています。
コロナ下において経済の歩みも止めないためには「ウィズコロナ」の精神のもと、
受け入れ側も受け入れる側もコロナ対策を心がけた行動が求められます。
法人会では、本掲示板を通じて、今後ともその点を訴えかけていきたいと思います。


◎11月3日フェイスブック掲載の法人会コラム

今日は「文化の日」です。
日本国憲法が公布され、戦争放棄を宣言した日で「自由と平和を愛し文化を進める日」として制定された休日だそうです。
11
月に文化的イベントが多いのも、こうした日があるからですね。

今朝の伊豆新聞に、南伊豆町の子浦にサイクリストに特化した「ジュウザ サイクルヤド ミナミイズ」
という宿泊施設がオープンするという記事が掲載されています。
町のサテライトオフィス誘致事業「南伊豆るプロジェクト」による進出企業であるとのこと。
(町が取り組むこのプロジェクトもいい取り組みなので、下のリンクから覗いてみて下さい)

主体となる会社は、インテリアコーディネートやリフォームを手掛ける会社。
この宿の大きな特徴は玄関に整備した自転車を保管することができる「サイクルピット」。
整備用の道具もありメンテナンスもできるといいます。
食事は町内の飲食店を使ってもらうため朝食のみで、
食事後にすぐに出発できるよう吸収に優れた地場野菜や魚を使ったスープを提供するといったサイクリストに配慮したこだわりも…。

最近は、確かにサイクリストを見かける機会が以前より多くなりました。
南伊豆の子浦は、伊豆半島の突端であるので、行くには車かバイク、自転車での交通手段になります。
普通は不便に感じられる道のりも、サイクリストにとっては、
起伏があり海や山といった雄大な自然の中に溶け込めるようなコースが素晴らしく感じられる事でしょう。
その上、サイクリストに特化した宿が出来たとあれば、この宿を目指して自転車を走らせる人も増えるかもしれません。

「特化する」という事は決断が伴う事ですが、今後の経営には必要な事かもしれません。

南伊豆るプロジェクト
https://minami-izuru.com/




◎皆様からのコメント(一部抜粋)

113日は、敗戦前は「明治節」(明治天皇の誕生日)この日を残すために、憲法公布日を合わせたとの説も有ります。
普通、此の列島の慣習からして、憲法施行日が、月の初めではなく3日になることが通例とは言い難いので、
かなり有力と思われる説ではないでしょうか?


やっとオープンですね。宿、流行ること祈ってます。


◎11月4日フェイスブック掲載の法人会コラム

季節の割には暖かい日が続いております。
法人会の方では、一番近いところだと、10日後の14日にご家族100組が参加する野外イベントが予定されており、
そろそろ、天気の方が気になりだしました。

さて、今朝の伊豆新聞に、議員が新型コロナウイルスに感染した場合、
氏名を公表する事を下田市議会が策定、施行したという記事が掲載されています。
この掲示板でも以前に書きましたが、下田市でのクラスター発生時、当該団体の事務委託を受けていた関係で様々な批判を受けました。
本来なら、この記事を取り上げる事は躊躇しましたが、やはり、だからこそ思う所もあり、今回は取り上げさせて頂きます。
今回の指針策定の理由としては、議員は公人であり市民への影響力が大きい、模範となるべき立場…
仮に感染した場合には落ち度がなくとも公表すべき…と書かれています。
私の中では「模範=落ち度がない」という部分については本当に腑に落ちませんでした。
また、公表について、この記事では、濃厚接触者についても市のホームページ、報道機関を通じて公表するとした。
となっています。議員だけでなく濃厚接触者についても同様なのでしょうか。

何故、こんな事を書くのかと言えば、この田舎においては、噂に尾ひれがつく度合いも追及度合いも凄まじいものがあります。
それは体験したから言える事ですが、私自身、クラスター発生の場所には行っていませんでしたが、近所では陽性者として見られました。
多くの問い合わせ電話では、本当にデマも多く、無関係でも必要以上に傷つけられた方は多くいます。

私は、報告は当然ですが、公表については、その感染経路等からして落ち度がない場合には、
いかに議員であると言っても、もう少し慎重であってしかるべきかと思います。

今回の記事を読まれ「そうだ議員なんだから公表するのは当たり前だ」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、
こうした風潮は必ず波及します。感染者は氏名を公表しろ!という流れが追従する事が本当に怖い事だと思います。

立場はあっても議員も住民と同じ人権を有する人です。公人であるからこそ攻められる度合いも一般の方よりは強くなるでしょう。
やはり、落ち度がない場合の公表は、もう少し慎重に対応すべきかと私は思います。





◎皆様からのコメント(一部抜粋)

機微(センシティブ)情報として、
a) 思想,信条又は宗教に関する事項
b) 人種,民族,門地,本籍地(所在都道府県に関する情報を除く。),身体・精神障害,犯罪歴その他社会的差別の原因となる事項
c) 勤労者の団結権,団体交渉その他団体行動の行為に関する事項
d) 集団示威行為への参加,請願権の行使その他の政治的権利の行使に関する事項
e) 保健医療又は性生活に関する事項
個人情報のなかには、人種、思想、犯罪歴、病歴等の他人に公開されることで
本人が不当な差別や偏見などの不利益を被ってしまうような情報もあります。

極めて慎重に取扱う必要があります。
議員だけでなく、拡大解釈して、警察官や教員、公務員へと広がる可能性もあります。
新型コロナウイルスには、誰もが感染するリスクがあります。
感染したことが悪いことではなく、病気(コロナ)に問題があるのです。
この指針自体に差別や偏見を助長する懸念があるように見えます。

濡れ衣での風評被害大変だったこととご同情します。
私は、コロナ感染者の公表には賛成する立場です。
古いデータで、ワクチン接種開始前に、東京で不作為抽出でコロナ抗体所有者(コロナに感染したことがある)を調査しました。
結果は、PCR検査で感染確認した人の倍の数の抗体所有者=感染後治癒した人が存在しました。
今回の第5波では、濃厚接触者の追跡調査ができなくなり、殆ど放置状態になりました。
その状態で、コロナ感染者数が172万人います。多分先のデータを適用すれば、
350
万人が、コロナに感染して、自己治癒したのでしょう。検査崩壊を加味したら、500万人に達しているかもしれません。

コロナに感染しても、1/3は無症状、1/3は無自覚症状(コロナに感染したとは思わなかった)と言われています。
その2/3の人が、感染を拡大し、死者数をも増やしていたのです。
今現在、治療法も見つかり、早期発見早期治療で、医療崩壊しなければ、
コロナを原因とする死者は、極めてまれな環境になっています。

重症化を防ぐ薬も開発されました。
コロナは、感染が自覚しにくいから恐ろしい病気なのに過ぎません。
身の回りに濃厚接触者が、コロナ感染者がいたら、速やかにPCR検査を受けて、感染を広げない態勢になるべきです。

濃厚接触者やコロナ感染者を隠蔽して広く告知しないから、不安を煽り、結果的に無症状コロナ感染者、
無自覚コロナ感染者が進んでPCR検査を受けて、感染拡大を防ぐ妨げになっていると思います。

コロナは、早期発見、早期治療すれば、必ず治る。
その、一般化は、なされるべきですが、感染拡大につながったり、コロナを不安がる風潮を重んじて、公表を渋る事は、
個人情報の違法な拡散と全く関係ない事と思います。



◎11月5日フェイスブック掲載の法人会コラム

今朝は読売新聞の一面に目が留まりました。
政府与党が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた支援策として、
18歳以下の子供に現金10万円を一律支給(所得制限設けず)の方針を固めたという事と、
マイナンバーカードを保有する全国民を対象に、13万円相当のポイントを付与する方向でも調整中とのこと。
子供たちに対する支給は約2,000万人が対象で予算額は約2兆円。
(非正規労働者や生活困窮などの現金給付についても別途行う方向で調整中)
マイナンバーカードの保有者へのポイント付与については約3兆円の予算が見込まれています。

先日の衆議院選挙の時もそうでしたが、何かバラマキ的政策が続々と発表されるたび、
一方で「大丈夫か?」という不安が心に過ります…
昨年、全国民への一律10万円支給が行われた際、その多くが貯蓄に回ったという実態も明らかになりました。
その後の飲食店等の補償金支給については、他業種から公正でない…という批判も出ました。
確かに、現金の一律給付については、誰の目から見ても文句のつけようはありません。
しかし、政治としての役割を考えた時、やはり、これでいいのだろうか…という疑問が湧いてきます。

子どもたちへの支援…これはとても大切な事です。教育費に係る親の負担は相当なものです。
しかし、お金を一律支給したから政治の役割を果たしましたよ…は違うと思うのです。
今回は一律支給ですので、お金に余裕のある家庭では自然に貯蓄に回るでしょうし、
余裕のない家庭でも管理は親…不適切な使い方もされる事もあるでしょう。
であれば、その2兆円もの予算を本当に必要な教育費の補助に充てる事を考えられてもいいと思うのです。

マイナンバーカードの3万円のポイント付与にしても、5千円ではそれほど伸びないけど、3万円ならみんな作るだろう…
という政府の意図が見えて、何か鼻先にニンジン…という気がしてしまいます。
マイナンバーカードが普及しない要因の一つは、個人情報などのセキュリティーの問題や、
このカードを国民が取得する事で、どのような利点があるのか、また、デジタル化によって、
今後、国が抱えてきた手間、経費をどのくらい節約できるのか等々の説明がされていない事が問題であって、
まずは、そこが先だと思うのです。

先日、ある新聞で「地方の給油所に打開策」という投稿を目にしました。
内容は、政府はガソリン供給網を維持するため、
自治体が整備して企業が運営する「公設民営型」のガソリンスタンド設置に補助金を出すことを目指しているが、
税金の無駄遣いにならないか心配…それより、地方のスタンドで給油する際、ガソリン税を免除する事を提案したい。
給油を安くすます事が出来れば、過疎地に行く人が増え、地域活性化の起爆剤となる。
給油所の維持だけでなく需要喚起の仕組みが先決だ。
という内容を読んで、ガソリンスタンドの組合の事務委託を受けている関係もあってか、とても感心しました。

先日の衆院議員選挙の際、消費税減税、廃止などを訴える政党はたくさんありましたが、
消費喚起するため、一定期間に限り消費税を廃止する…などの提言があってもいいのでは…とも感じるところもありました。
一律配布は、一見公平で文句が出にくい政策ではありますが、アベノマスクのような無駄が生じてしまいます。
政治家の皆さんには、是非、もう一歩踏み込んだ政策をお願いしたいと思います。(あくまでも私見です)





◎皆様からのコメント(一部抜粋)

酷いですね。上から目線の政策です。
来年の参院選を前にしての寄せ餌でしょうか?
それよりも根本的な経済対策や医療体制の整備、ワクチンや治療薬の開発などに投資すべきだと思います。
ばら撒き政策が若い人たちの政治不信を招いている要因のひとつだと分からないのでしょうか!

コロナ禍で収入が20%減ったのに、
子供が大学生で家賃、携帯代、生活費、学費と何も変わらす普通に払って頼みの綱の学生バイトも飲食だから休みばっか…。

18歳未満って何なの?って感じアベノマスクの赤字は誰が責任取るの?
マイナンバーカードなんて意地でもいらんわ!
こんな政策言うだけでやれるならオイラでも言えるわ!

使われる金なら、ばら撒いて使った瞬間に1割は消費税で取り返される。
2兆円で2千億円、3兆円で3千億円。合わせて5千億円も消費税の増収。
昔、甲斐犬に餌くれ騙しした飼い主が指を酷く噛まれた事を思い出した。

一律はどんな政党、どんな政治家でも出来る考えない政策なんですよね。


◎11月6日フェイスブック掲載の法人会コラム

少し肌寒い感じがする朝です。
昨日、18歳以下の子供たちへの一律10万円給付とマイナンバーカード所持者に対する3万円ポイント配布
についての記事を掲載したところ、様々なご意見がありました。
個人個人の立場、環境、角度から見れば、やはり、少し乱暴な配布手段に感じられるようです。
それなら、国民全員に一律給付しろ!というご意見も、平等という観点からすれば正しいのかもしれませんが、
それでは政治の役割は無いに等しいものだと私個人としては感じるところです。

今朝の読売新聞に「コロナ予算22兆円使わず」とタイトルで、
新型コロナウイルス対策で国が20192020年度に計上した65.4兆円のうち22.4兆円が使われず、
大半が翌年度に繰り越されていたことが分かった…との記事が掲載されています。
補償金等の給付が未だに成されていない事業者にとっては「何やってんだ!」と言いたくなるような内容ですが、
この「使わず」という言葉が、如何にも政府の怠慢かのようなイメージを持つ事は少し危険のような気がします。

この記事にもありますように、震災復興予算の10年分の予算が35兆円…使われた42.5兆円でも、それを遥かに上回る数字です。
日本経済が最高潮だったバブル期、余ったお金が地方に1億円づつばらまかれた事もありました。
その後、縦割り行政の予算の引っ張りあい、使わなければ翌年の予算が付かないから、
とにかく予算消化…の繰り返しで、全く経済実体に見合わない国家予算が借金によって維持されてきました。
ここに、予期しない震災復旧、コロナ対策費が積み重なり、子供たちが担う事になる国の行く末が気になります。

民間では、常に費用対効果が問われ、費用をかけずに済ます事が評価されます。
しかし、予算主義で動く行政の中では、与えられた予算を消化する事が評価されます。
公正でなかったり、スピードを欠いた支給についての批判は当然ですが、
金額自体を引き合いに出して「使わず」が批判の的になることは、やはり変えていかなければならないと思います。

こうした事が、配慮無きバラマキに繋がってしまう事も私たちは意識すべきだと思います。
天から降ってくるお金はありません。




◎皆様からのコメント(一部抜粋)

地方にばら撒いた1億円で思い出しました。此の市の1億円がどうなったかを。
毘沙子島(みさごじま)のライトアップに使われたんですよね。
ところが、事前調査が不足していて、ライトアップした結果、港湾機能に問題が起き、通電停止。
そのまま器具が錆て駄目になるまで放置してお終い。

国税の使い方も、使う額や目的より、結果として、誰の懐に入ったかをしっかり見届けないと、
トンデモない話に化けてしまうのかな。



◎11月7日フェイスブック掲載の法人会コラム

今朝は日曜日ですが、生憎の雨…寒さも感じます。
いつもなら単純にがっかりする朝ですが、来週日曜日に300400人のご家族が参加する野外イベントを控えている立場としては、
あ〜少なくとも今週でなくて良かった…とほっとしたりして…何とか来週は…と天に祈ってます。

今朝の伊豆新聞の一面は、「河津平安の仏像展示館」が、
下田の上原美術館で開催中の特別展に本尊である薬師如来像と地蔵菩薩像を貸し出したことで生じたスペースを利用して、
映像、光、音楽で神秘的な仏像を中空に映し出す特別イベントを開催している記事が掲載されています。
このイベントの中心になっているのは、栖足寺、千葉兼如住職を中心とした「てらまち会」。
千葉住職は、こちらでも何度かご紹介しましたが、元プロのミュージシャンでプロジェクションマッピングの手法も自己流で学び、
お寺の外に出てバガテル公園などのイベントにも積極的に関わっておられます。

お寺を昔のように人が集まる場所にしたい…その思いが周囲の人の共感を集め「てらまち会」も結成されたと伺ってます。
私は元々、仏像、宗教的なものに興味は少ない方ですが、
この記事を見て、上原美術館で開催されている仏像展、この仏像展示会でのイベントの両方に行ってみたいと思いました。

時代と共に、人に伝える(求められる)手法は進化しています。伝統文化を若い世代に伝える…
といった点で言えば「スーパー歌舞伎」などもその部類に入ると思いますが、
こうした演出を入り口に、仏像に興味を持つ若い人が増えるかもしれません。

千葉住職には、来月開催される「変革」をテーマとした青年部会での研修会講師もお願いしています。
とても楽しみにしています。


河津平安の仏像展示館
http://kawazuheian.sakura.ne.jp/

(今日時点でイベントの記載はないようです。
 記事には、来年110日まで土・日曜と祝日の午前11時と午後1時の2回行われるとあります)







◎11月8日フェイスブック掲載の法人会コラム

1週間の始まりです。
週末は土日両日とも出かけ外食をしました。外食も数ヶ月は自粛していましたので、
飲食店さんの感染症対策に対する動きがとても手慣れた感じ見え、
「少々お待ちください」と言って行う素早い消毒作業、入り口から客席への誘導に至るまでの流れるような動きに感心しました。
改めて、日本人の対応力、学習能力の高さを実感しました。

今朝の伊豆新聞の一面には「町民対象にクーポン券、町宿泊施設利用で5,000円分」の見出し記事が掲載されています。
東伊豆町観光協会の取り組みで、中学生以上の町民を対象に町内の宿泊と宿での夕食代を割り引く
5,000円分の「知っている街に泊まってみたい」と銘打ったクーポン券を発行するというものです。
地元の人の利用を促進し、地元ホテル等を知って頂いた上で
東伊豆町の営業マン』になってほしい…との企画。
コロナ禍前、法人会では会員企業のホテル、飲食店を利用した懇親会などを頻繁に開催していた関係で、
「お薦めのホテルありますか、お薦めの飲食店ありますか」と問い合わせを頂く機会が多くあります。
時には、本当に近くにお住いの方から「家の近くにある○○ホテルですが、お客さんに色々と聞かれてしまって…どんな感じですか?」
と聞かれる事も…。

自宅にいる時、そんな問い合わせを受けている私の横で
「いいわね~あなたは色んなホテルで食事する機会があって…」と妻からチクリ(^^;

夫婦で近くのホテルにでも泊まりに…と考え中です。
話は変わりますが、今月24日には昨年6月にオープンした東伊豆町のホテル視察を計画したところ、
地元の女将さんから複数の申込みを頂きました。
もちろん、ご商売上の関係からの興味が一番大きいところだと思いますが、近くて遠い場所であったように感じました。

コロナ…という事もあって外への視察旅行は中止となりましたが、
逆に「地元を知る」というテーマで企画をさせて頂いていて分かる事は、
もしかしたら、地元ほど地元の事が分かっていないのではないか…と思う場面が多々あります。

地元民を対象に、複数の地元ホテルを巡るツアーを企画しても面白いかな…とこの記事を見て思いました。
ホテルだけに限らず、「灯台下暗し」にならぬよう地元の事をもっと勉強したいと思います。





◎皆様からのコメント(一部抜粋)

地元ホテルを巡るツアー賛成です。
地元が地元の事をよく知らないでは話になりません。
私もお薦めのホテル、飲食店をよく聞かれます。
地元が地元の営業マンになる…大切な事だと思います。


◎11月9日フェイスブック掲載の法人会コラム

今日は朝からまとまった雨が降っています。お昼ごろにかけて続くようですが、
集中的に降る場所もあるようですので注意が必要です。

今朝の伊豆新聞に、空き家活用とワーケーションの最新事例から学ぶ「第2回下田市まちづくり座談会」
がナンズキッチンで行われた記事が掲載されていました。
ワーケーション施設を運営する「ライフル」の協賛で下田市が開催したものです。
興味深く読んだのは、基調講演を行った佐藤社長の「アドレス」が行っている、
全国に100施設以上有し、月額14万円の定額制で利用できる「全国住み放題サービス」。
そこには、その土地に精通した人が管理人「家守(やもり)」となって利用者と地域をつなぐパイプ役が存在します。

人口減少、核家族化…今、地方だけでなく都会も含め、空き家が増え続けています。
私も息子2人がいますが首都圏に就職しましたので、帰ってくるかも分からず、家やお墓の先について考える事があります。
その間にも空き家はどんどんと増え、取り壊され駐車場となるならまだいいのですが、
空き家のまま朽ち果てていく家が目立つようになりました。

こうした状況を打開するためには、空き家活用、ワーケーション事業を全国的に展開する企業と協力し、
地域を売っていく仕組み作りが必要かもしれません。

先日も投稿の中で「シェアの時代」という表現をしましたが、
もしかしたら、家を買い、そこを終の棲家に…という考え方自体がもう古くなるのかもしれません。





◎11月10日フェイスブック掲載の法人会コラム

紅葉シーズンを迎え、今日から1週間程度は晴模様が続きそうです。
本来なら、地域の明るい話題を…と言いたいところですが、余りにも政治に対する負の報道が多いので、
今朝は、静岡新聞に掲載されていた政治関係の記事を取り上げます。
昨日、無免許運転事故を起こした都議会議員が議員辞職しない考えを会見で表明し、世間をざわつかせています。
また、川勝静岡県知事の御殿場市についての「コシヒカリしかない」という発言に対し、
謝罪をしない姿勢に、県議49人が抗議文を提出するという報道もありました。

記事に掲載されているのは、先日も取り上げさせて頂いた18歳以下の子どもに一律10万円を支給する政策をめぐって、
自公の話し合いの中、年内に5万円の先行した現金支給、来春までに子育て関連に使える
5
万円相当のクーポンを支給する事で合意したという記事が掲載されています。
所得制限導入に関しては、自民党が年収960万円を提案したが、公明党は持ち帰って協議を継続…とあります。

皆さんはこの流れ、どのように感じられたでしょうか?
私には、自民党と公約実現に拘る公明党の党間での綱引きであって、国民目線の政策を検討しているようにはとても思えませんでした。
公約の実現は大事な事ですが、例えば、先日の衆議院選挙で、バラマキ、消費税廃止などを公約に掲げた野党連合が
もし政権を取ったと仮定したら、その後の公約実現の流れに国民はただただ拍手を送ったでしょうか?

国民はそれほど愚かではありません。
確かに、本当にスピード感をもって救わなければならない人々も存在します。
しかし、そこを国全体の財政バランス、将来設計、国民への理解、一定の公平性を保ちながら
政策を紡いでいく事が政治家の役割であって、この緊急時に、政党間の綱引きを見せられても国民はひくばかりです。

衆議院選挙も終わり、今後政治の役割が益々重要になっていく中、
政治家の態度、発言の一挙手一投足が国民に不安や希望をもたらします。

政治家の皆様、よろしくお願いします。




◎皆様からのコメント(一部抜粋)

宗教法人は原則非課税です。来年の参院選の為のバラマキのようにも感じます。
困っている世帯に集中して配布すべきだと思います。
配布する金額と配布する為の経費は数兆円にのぼります。
利権の匂いがします。

反対している維新の吉村知事が、「私でも30万もらえる」とおちゃらかした発言していたが、
子供の為に使うなら、吉村知事にいくら渡っても問題ないでしょうね。

余計な制限かけて支払いが遅くなったら価値が無くなる。
ロスより速さが求められる事は山ほどあるはず。
新幹線より、鈍行のほうがエネルギー効率が良いから、新幹線止めろって言う人はいないでしょう。


◎11月11日フェイスブック掲載の法人会コラム

本日11日から17日にかけて「税を考える週間」です。
法人会でも、14日に一般のご家族に楽しんで税を学んで頂く企画「税キング」を開催。
18日には年末調整とインボイス制度に対する説明会を開催する予定となっております。
税の啓蒙活動や提言などを行っている団体としては、やはり、その使われ方にも目が行きます。

昨日の投稿に引き続いた内容になるようで恐縮ですが、
今朝の静岡新聞に、その税金の使われ方についての記事を2つ抜き出させて頂きます。
1つは、事業者向けの給付金制度の概要についてです。
新型コロナウイルスの影響を受け、売り上げが減少した個人事業者と企業に対して、
今年11月~来年3月の売り上げの落ち込み幅に応じて一括支給するもので、
既に実施された持続化給付金の場合は、企業が上限200万円、個人が上限100万円と区分され、
支給要件も売上が前年同月比50%以上減少している事が条件でしたが、
今回は、企業、個人を問わず事業規模に応じて250万円、新しい制度では落ち込み幅が30%~50%でも支給対象と緩和されています。

そして、昨日も取り上げました18歳以下給付に関連して、
専門学校生、大学生などの困窮学生についても10万円支給する事が首相から明らかにされました。
また、マイナンバーカードについては、3万円…という金額が報じられましたが、
カード取得時に5,000円、健康保険証としてのカード利用開始に7,500円、
公的給付金を受け取る預貯金口座とひも付けた場合7,500円の合計で最大2万円分のポイント付与になったようです。

何やら、現金やポイントといった個人に対する給付については、世論も見ながらでしょうか、二転三転をしているように感じます。
いつも思うのは、こうした個人向けの給付に対しての「線引き」をどこに置くか…という事に国民は敏感に反応します。
所得制限、売上の落ち込み率、支給要件の数々…線引きをする以上、100%平等、100%国民が納得いく線引きなど存在しません。
必ず不満は出てきます。困窮学生…という表現もありますが、その線引きはどこに置かれるのでしょう。

岸首相は「成長と分配」を強調しますが、今、目に見えるものは「分配」が圧倒的に多く、
個々への分配がどの程度の救済になり成長に繋がるのかも掴みにくい状況では、このままで国は…という不安の方が大きくなります。

今週は「税を考える週間」です。
納める税の行方、使われ方…私たちは未来も見据えた中で「自分事」として考える必要があります。




◎11月12日フェイスブック掲載の法人会コラム

今日から週末にかけてお天気は良さそうですね。
今朝の伊豆新聞の一面には、下田市旧町内の入り口に位置する新下田橋(通称・人魚橋)に設置されている
「人魚の像」の修復作業(お色直し)の様子が掲載されています。
この橋が完成したのは1958年、伊豆急線が開通する3年前、60年以上が経過しています。
私も物心つく頃から「人魚橋」として記憶にあります。
お色直しされたのは、この像の制作者である彫刻のお弟子さんにあたる彫刻家、高橋忠さん。
制作にあたった方のお弟子さんが79歳ですので、そこにも歴史を感じます。
町の者にとっては「当たり前の風景」の一つになっていますが、それが人の手によって作られたものならば、
また当たり前の事ですが、人の手によって守られていかねばならないものです。
こうした作業を引き継がれる方がいらっしゃるかどうか…この記事を見て気になりました。

今から8年前、私の自宅前に小さな「御獅子神社」という地域の守り神がありました。
毎朝、そこに手を合わせていらっしゃるお年寄りの方もいましたが、道路拡張の名目で呆気なく取り壊されてしまいました。
自宅前にあったので私の中ではこれも「当たり前の風景」でしたが、取り壊され更地になった場所を見て、虚無感に襲われました。

そのすぐ近くに「ペリーロード」という観光スポットがありますが、
観光客に支持される理由は、昔と変わらない風景にあると感じます。

時代は流れ、次々と新しいものに町も塗り替えられていきます。
しかし、変えてはいけないもの、普段は当たり前すぎて、
無くしてやっとその価値に気が付くものは実はたくさんあるのではないでしょうか。

そうした視点で町の風景を眺める事も大事かと思います。
当たり前のものなど実はないのですから。




◎11月13日フェイスブック掲載の法人会コラム

秋晴れの週末になりそうです。
今朝の伊豆新聞には、伊豆漁協稲取支所青壮年部が
「『稲取キンメ』を未来につなげる〜キンメダイの食害を軽減し漁獲量向上を目指す!〜」
をテーマに漁業者交流大会で発表を行い、最優秀の県知事賞に輝いた…との記事が掲載されています。
内容は、キンメダイを食べるサメ、バラムツ、イルカ対策に各種の取り組みの実践例、効果検証を報告したというもの。

昔は地元の人しか食べない…と言われたキンメダイも、今では食に関する観光資源として無くてはならないものになりました。
しかし一方で、漁業者の後継問題や海の環境変化による漁獲量の減少など、
何らかの手をうたねば、キンメダイの安定供給は難しくなってきます。

昔の漁師さんは、全ては「天の恵み」として自然と向き合ってきたと思いますが、
これからは、その「恵み」を自らの手で守り、作り出す時代に入ってきたのかもしれません。

人の知恵が試されています。




◎11月15日フェイスブック掲載の法人会コラム

昨日は、伊豆アニマルキングダムで野外イベントでした。
時折、ぽつりぽつりと雨も降りましたが、晴れ間にも恵まれましたので、参加のご家族には楽しんで頂いたと思います。
帰りがけ、いつもイベントに協賛頂くドライブインにお礼がてら立ち寄らせて頂きました。
ここのところ、バスも立ち寄るようになり、お客さんも増えているとのこと。
社長さんは「コロナ禍になってから、いつ何が起こるか分からない状況で商売をしてきましたから、
これで安心せず、目の前のお客さんに一生懸命に対応するのみです」と言われました。
日々ご商売と向き合っておられる経営者の方の気持ちを垣間見た気がしました。

さて、今日は朝刊がお休みでしたので、昨日の静岡新聞記事より取り上げさせて頂きます。
松崎町の料理店「鮎の茶屋」で昔ながらの焼きアユづくりが最盛期を迎えているとの記事です。
今期は、コロナ禍で売れ行きが不透明な事もあり、例年より少ない約2,500匹を今月末までに焼き上げるとのこと。
少ないと言っても2,500匹ですからすごいですね。
現在は作り手が減ったものの、こちらの店主ご夫妻は50年近く続く伝統の製法を守り続けていらっしゃるようです。
この鮎も地元の大沢川の清流で育てられたものです。
郵送対応するほか、甘露煮の販売も行っているとの事で、ご興味がございましたらお試し下さい。

1日も早くコロナも収束し、こうしたお便りを中心とした掲示板「伊豆へおいでよ」に
名称が変えられる日がくる事を心待ちにしています。





◎11月16日フェイスブック掲載の法人会コラム

今朝の伊豆新聞の一面には、今月23日告示、28日投開票を控えた松崎町長選挙で、
出馬を表明していた現町長の長嶋氏が出馬断念した記事が掲載されています。
12
日、下田青年会議所が主催した公開討論会に出席し、町長としての実績を訴えていましたので、本当に突然の事で驚きました。
理由は「健康上の理由」となっていますが、
記事には支援者離れによる敗戦を見越してやめたのでは…との憶測についても書かれています。
思えば、町長と町議会との対立は就任当初から報道されていました。
就任13ヶ月で町長不信任決議案が可決、事あるごとに対立が報じられました。
今回の選挙も長嶋町長の再選を阻むべく、議会側が元町議の藤井要氏を擁立、
その町長、議会の対立を近くで見ていた町職員の深澤準弥氏が職員の立場を捨て「対話」を訴え立候補。
いずれも、長嶋町長への不信からの立候補であるだけに、今回の出馬断念を両陣営はどのように見ているのでしょう。

松崎町は静岡県で一番小さな町で、人口は6,174人(10月末現在)。
ここでは何度も書いていますが、田舎ではとにかく選挙の遺恨が色濃く残ります。
町長派、反町長派に色分けされる事も…こうした背景の一方で「深く関わりたくない…」
との気持ちが住民に出てくることも無理はないところです。
町議補選では、73歳、79歳、68歳の方々が立候補されているようです。
年齢で区切るのは大変失礼な事は承知していますが、
もっと若い方や女性などが立候補できるような町の空気を作る事もこれからは大事であると思います。

また、国県も含めてですが、今後、新たな収入源でも探り当てない限り、行財政は次第に縮小せざるを得ない状況となります。
これをやれ、あれをやれ、お金を出せと、ただただ行政に求め、詰め寄る事は現実的に難しい段階に入ってきます。
町全体の為に何を優先し、何を成すべきなのか…これは政治に携わる人だけでなく、
住民側も承知した上で、共に考えていかねばならない問題です。
先日の衆議院選挙のように、聞こえの良いだけの政策につられ投票し、
出来なければ、何で出来ないんだ!と詰め寄る形の繰り返しは、もう時代が許さない気がします。

その為には、政治の透明性を高め、住民にも分かるような形で町の現状、町の未来像について示した上で、
徹底的に対話を重ね、最後に首長のリーダーシップによって決断するといった流れが必要になってくると思います。

「官民協働」が今後の鍵になってくる事は間違いありません。




◎11月17日フェイスブック掲載の法人会コラム

昨日、原油高騰を抑えるため、石油元売りに補助金を出す方針を固めたとの報道がありました。
こちらでは石油組合の事務を行っているので、やはり気になるニュースでしたが、
原油価格抑制の為であるなら、元売りへの補助金提供よりガソリン税の暫定税率分(1リットル当たり25.1円)
を停止するなどの措置の方が確実では…と思ったのは、恐らくは、国民の大部分ではなかったかと思います。
最近の政策は、お金を配る事に終始する印象があります。
お金は一度流れてしまえば、思うようにはいきません。貯蓄に回るも遊びにつかうも個人の気持ち次第です。
消費喚起なら消費税の一時減税…などの議論もありましたが、政府が直接的にコントロールできる政策の方が、
無駄がないような気がしてなりません。
それを出来ない事情があるなら、まずはその部分について説明をすべきだと思います。

今朝の伊豆新聞の一面に、南伊豆町の南中小の児童たちが、
林業・樹木医事業を手掛ける「HARD WOOD(ハードウッド)」の森広志さんらの指導で、
伐採した木を使って避難路を兼ねた遊歩道整備に取り組んだ記事が掲載されています。
現場は、シンガーソングライターの白井貴子さんが所有するマイキャンプ場「マーガレットグラウンド」
の津波避難地で実施されたとのことで、同日の活動には白井さんも参加し、児童たちを応援されたようです。

私たちが子供の頃は、遊ぶなら外の海、山、川が定番でした。
というより、それしかありませんでした。
海に友達同士で出かける時、親から「これ持ってきな、何かあったら使いな」とロープを手渡されました。
自然の中が子供の遊び場でしたので、危険な目にも相当遭いましたが自然と知恵もつきました。
あれだけ自由に子供同士だけで自然の中にいて、擦り傷、切り傷は日常茶飯事でしたが、
不思議なほど命に関わる事故などは少なかったように思います。
今の子供たちはどうでしょう。昔に比べれば屋内で遊べるゲームなどの環境もあり、
子供たちだけで自然に向き合う機会は極端に少なくなっていて、
自然の中で子供が巻き込まれる事故も多くなっているような気がします。

であれば、こうして大人たちが、子供たちが自然と向き合う環境、きっかけを作ってあげる事が本当に大切な事だと思います。
バーチャルなどではなくリアルに自分たちが住む地球環境について考える良い機会でもあります。





◎11月18日フェイスブック掲載の法人会コラム

今朝は曇りがちで少し肌寒い感じがします。
今日は午後の1330より下田市民文化会館大ホールにて、
法人会主催で「令和3年度年末調整及びインボイス制度説明会」を開催します。
年末調整については、今年は改正点も少なくほぼ例年通りですが、
インボイス制度については今年101日から登録事業者の受付が始まり、令和5101日より施行をされます。
インボイス制度の登録事業所にならなければ、支払った先が消費税の計算上、支払った消費税を引けなくなり、その分消費税を多く払わなくてはいけなくなるため、同額の支払いであれば課税事業者から納入した方が良いという事になり、
登録課税事業者(課税事業者であっても「登録番号」が付与されるので届出が必要です)
であるかないかが商取引上にも大いに影響が出てきますし、請求書、領収書等の書式も変えなくてはなりません。
税理士さんがいるから…と言われる方も多いですが、制度の概要については現場の方々も知って頂く必要があります。
法人会では、制度施行までに何度か説明の機会を設けるつもりでおりますので、その際にはご参加下さい。

今朝の伊豆新聞の下田ワイド版に、下田市一丁目のなまこ壁の家「雑忠(さいちゅう)」(下田まち遺産の第1号)で、
白浜のイラストレーター土屋尊司さんを講師に迎えた、小学生向けのイラスト講座が行われた記事が掲載されています。
「雑忠」さんと言えば、江戸時代初期から栄えた、なまこ壁の塀に囲まれた「下田の名家」。
今回は所有者の鈴木家の親戚で千葉県在住の方が企画されたとのこと。
イラストレーターの土屋尊司さんもこちらで何度かご紹介させて頂いていますが、
県外で活躍された十分なキャリアがありながら、祖父の代からの民宿を絶やしたくない…とご家族でUターンされた方です。

このお二人が企画、協力をして実現した今回の企画…下田を外から見る事が出来るお二人が、
愛する下田の為に何か出来ないかと…思われての行動であったように思います。

鈴木さんがおっしゃる「この家を下田のために活用し、さまざまな人たちと連携した企画を考えていきたい」という言葉に、
今後の期待がかかります。





◎11月19日フェイスブック掲載の法人会コラム

今朝の新聞各紙には「経済対策55.7兆円」の見出しで、
コロナ関連の経済対策を含めた財政支出についての記事が大きく取り上げられています。
4
本柱とされる対策費のうち、大きなものとしては、感染症の拡大防止に対するものが22.1兆円、
未来社会を切り拓く「新しい資本主義」の起動に19.8兆円とあります。
この55.7兆円と言う金額は、国の一般会計における租税収入などの1年分の金額に匹敵します。
しかし使い道としては、18歳以下の10万円相当の給付、売上が減少した中小企業への最大250万円の給付等々、
バラマキ的な印象が強いものが目立ちます。
これだけの国家予算を投じるのですから、未来社会を切り拓く…
という文言に相応しい「希望に繋ぐ政策」をお願いしたいところです。

そんな事を思いながら伊豆新聞に目をやると、
一面に「手形アートで『未来の下田』」という見出しの記事にあった写真に目が留まりました。
下田幼稚園の園児たちが、地元在住の絵本作家、鈴木まもるさんを講師に迎え、
キンメダイをモチーフにした手形アートに手形を押している写真です。
子供たちの可愛い手形の一つ一つに、何か未来への願いのようなものを感じ、
この子たちの未来に幸あれ…という気持ちが心に溢れてきました。

絵本作家の鈴木さんの「一人一人は小さくても皆で力を合わせると大きな作品になる。
表現の楽しさを味わってほしい」というコメントにもとても共感しました。

この子たちが、夢中で向かい合って一つの作品を仕上げたように、
未来の国のあり方も、国民が気持ちを一つに、共に考え、共に作り上げていくものあってほしいものです。





◎11月20日フェイスブック掲載の法人会コラム

昨日は、エンゼルスの大谷翔平選手が「満票」でMVPに選ばれるという快挙が報じられました。
同じ日本人としてとても誇りに感じますし、暗くなりがちな世相の中、こうして無心で喜べるニュースはやはりいいですね。

今朝の伊豆新聞の一面には、2000年に休業となり20年以上も放置されている旧下田グランドホテルの土地、建物が、
所有者の破産により市が購入する方針であることが掲載されています。
購入額は「下田市の言い値」となっていますが、ネックとなってくるのは34億円が必要とされる解体費用。

この廃墟ホテル、私の自宅から徒歩3分程度の場所にあります。
東京からUターンし、商工会議所に入所して歓迎会を開いてもらったのもこのホテルでした。
ただ今は、カラスの住みかになっているような状況です。

こうした廃墟ホテルは、もちろんここだけではありません。
今後は周囲の環境、景観、防災、防犯面を総合的に評価して優先順位をつける必要があります。
今回の取得について一部の議員から「市民の税金が無駄になる」との反対意見もあったようですが、
それを言い始めたら何もできなくなります。

私は地区の防災役員もやっていますが、この手前にある長楽寺という寺の高台にある駐車場が災害時の避難場所になっています。
その坂道は急斜面なのでお年寄りのためにロープを張って誘導をしています。
もちろん、簡単に言える事ではないですが、この高台にある廃墟ホテルを整地出来れば避難所としての活用が出来るかも…
と考えてしまいました。

今後の利活用については、民間資金を含めて検討したい…との事ですが、市民、近隣住民も含めて議論する必要があります。




◎11月21日フェイスブック掲載の法人会コラム

昨日は伊東方面に車を走らせましたが、バスなども含め車の交通量の多さに驚きました。
帰りがけ、暗くなっていましたが、ホテルの灯りや駐車場の混雑ぶりから多くのお客さんが泊まっている事も伺えました。
人流はかなり戻ってきてますが、自分の目に見える範囲では、飲食店もお客さん側も感染症対策には気を配っているようでした。
このまま…と思うばかりです。

今朝の伊豆新聞の「伊豆のひろば」という投稿コーナーにあった「息子を投票に誘ってみたら」という一文に目が留まりました。
50代のお母さんが20代の一度も選挙に行った事のない息子さんを誘って投票所に行った時のお話。

投票を終えた息子さんが「選挙ってこんなに面倒なやり方してるんだね。すごく戸惑った。
漢字も間違えたら無効票かと思うと残念だね。なんでもっとオンラインを活用しないんだろう?
去年お母さんに市役所に連れて行かれて作ったアレ!そうマイナンバーカードだってこの1年以上何の役にも立ってないよね?…」
と話していた事が書かれています。

先日、多くの著名人が選挙に行くような動画が公開された事も取り上げました。
報道や世間もこぞって若者の選挙離れを報じていますが、なんて事はありません。この若者の言葉が全てだと思いました。
母親の世代でさえ投票所の圧迫感を感じているわけですから、若者にしてみれば、何でオンラインに…は当然の感覚でしょうし、
マイナンバーカードにしてみても、世間ではその場でポイント、ポイント、ボタン一つで手続きも簡単。
行政の手続きは面倒な割に役に立ってないな〜は思うところでしょう。

何でも若者に迎合しろとは言いません。
ただ、これが今の時代を生きる若者の素直な気持ちである以上、
投票率を上げるために投票の選択肢を増やす、手続きの簡素化は必須です。





◎11月22日フェイスブック掲載の法人会コラム

今日は全国的に雨模様のようです。
今週末は松崎町の町長選挙が行われます。
静岡新聞に、今日までの3日間に亘って松崎町長選に関しての記者コラムが掲載されていましたので、それを取り上げます。
松崎町は県内で一番小さな町である事を考えると、
今後人口減少が進む周辺の自治体においても、その取り組みには注目していきたいところです。

記事の中にはいくつかのキーワードがあります。
医療の問題、資源を活かした政策、関係人口の拡大、定住促進(空き家問題)、高齢者の居場所づくり…
これら諸問題については、程度の違いはあれ、伊豆の近隣自治体も同様の課題を抱えています。
私は下田市に居住していますが、隣近所にはお年寄りの一人暮らしの世帯がどんどん増えています。
先日も、自主防災の会議で、まずはどの家にどれだけの人がいて、居住する方の年齢、身体の具合、もしもの時の家族の連絡先などが分からなければ、災害時の安否確認なども出来ないので調べなければ…という話になりました。
しかし一方で、個人情報への気遣い、知ったところで助ける側も高齢者なので十分には動けない…などの話が堂々巡りになり、
結論が出ませんでした。
昔は、今のような核家族化が進んでいなかったので、各々の家は各々が支える事が基本で、
その上で隣組等の互助制度で支え合う形がとられていましたが、
今は、支え合う者同士に余裕がなく、漠然とした不安が横たわっている状況です。

その不安の中に医療の問題もあります。
いずれにしても、町の活気を取り戻すには、関係人口を増やし、移住者の定住促進、企業誘致などを促進し、
その為には、町の魅力を存分に発信、助成制度など活用しながら受け入れ態勢をアピール、
ウエルカムな町の空気を作り出す必要があります。

限られた財政の中で、それを実現するために何が必要であるのか…
何度も訴えますが、行政と住民が一丸となった「官民協働」だと考えます。

一番小さな町の町長選挙に注目したいと思います。




◎皆様からのコメント(一部抜粋)

おっしゃる通りだと思います。
移住した人たちが馴染めなくて出て行ってしまうことが多いと聞きます。
独身の年配者が田舎生活に憧れて移住して来ます。
地元では観光客として来る時はお客さま扱いするけど、住むなら対応は違うとはっきり言います。
安易な気持ちで移住して来るのも問題がありそうです。
働き方改革と言います。
地元では仕事がないと都会に出た人たちを呼び戻すことが出来る方が、解決策として良いようにも思います。
優先して、ふるさとで仕事ができる働き方改革を促進して欲しいものです。


◎11月23日フェイスブック掲載の法人会コラム

昨夜はとても雨風が強かったですが、今朝は気持ち良く晴れました。
昨日、辞職するかしないかで話題になっていた都議が辞職会見を行いました。
マスコミに切り取られたイメージしかなかったので、YouTubeにアップされていた1時間半にわたる会見を全て見てみました。
謝罪前に自らの功績を長々と語り、活動させてもらえなかったという議会についての批判、報酬目当てではない…と話しながら、
議会出席後の報酬の扱いについては名言せず、同席の弁護士は「これはいじめ」と語気を強め、
会見の終盤には度重なる質問に大きなため息…立場ある渦中の人というのは、
これほど世間とずれてしまうのか…と、ある意味愕然としました。
確かに、SNSなどの誹謗中傷は目に余るものがあります。
しかし、模範を示さねばならぬ公人としての立場が感じられず、とても残念でした。

そんな事を思いながら、今朝の伊豆新聞の「地味にみえることも頑張る」という見出しに目が留まりました。
南伊豆町が下田高南伊豆分校とインターンシップ連携ワークショップ「南伊豆お仕事カフェ」が開かれた内容です。
インターンシップを通じて得た経験、気付きを共有、受け入れた事業者も含めた意見交換を交わし、
生徒は「たとえ地味にみえることでも一生懸命頑張ろうと思った」と語っています。

法人会でも、高校側からインターンシップ先を紹介してくれるよう依頼を受ける事があります。
しかし、恐らくは、学校側への報告書どまりであったと思います。
こうして、仕事を振り返りながら実際の地元経営者と語り合う機会が持てた事は、
自分が行った仕事が会社側にとってどういう意味を持っているのか…という事を改めて感じてもらういい機会になったと思います。

田舎の仕事は、生徒さんが感想をもらしているように「地味」に映るかもしれません。
実際、地味な事が多いです。でも、その積み重ねが地域社会を支えています。

今日は勤労感謝の日です。




◎11月24日フェイスブック掲載の法人会コラム

まだまだ風が強い感じですね。
今日は、朝から、女性部会の視察研修で昨年にオープンした東伊豆町の「伊豆ホテル リゾート&スパ」に行ってきます。
また報告します。

昨日は、アメリカ初め各国と連携し、石油備蓄が放出する方針が発表されました。円安も進み物価高騰が懸念もされていて、
効果は限定的という見方もあります。
以前、ガソリン高騰抑制のため、石油元売りへの補助金支出の時にも申し上げましたが、
ガソリン税の一時減税、停止などの話題が上がらない事が不思議です。
10
万円拠出、補助金、備蓄放出…お金も石油も政策の中心が放出、放出…そしてその行方が論じられています。
何故、直接的に効果が得られる政策があるのに実現しないのか…疑問です。

話題は変わりますが、今朝の伊豆新聞のトップインタビューに下田市の山本建築社長の山本剛生氏が取り上げられています。
山本社長とは数年の付き合いであり、家の簡単なリフォームも頼んだ事がありますので、
彼の人柄、仕事ぶりは良く存じ上げています。今年は法人会理事にも就任して頂きました。
彼を最初に突き動かたのは、大工職人の高齢化…20代がゼロという現実。
このままでは受注があっても施行が出来なくなる…といった危機感。
そのため、山本氏は若者が集う場所に元建材倉庫を買い取ります。
この「ウィズ・ツリー」という事業は、ワーケーション事業で若者と交わる中、行動に出た事でした。
この拠点に若者は集まり、下田にはそういう場所がある…という魅力に繋がります。

また、最新の木材加工機「ショップポット」を導入。大工修行をしなくてもデザイン性の高い木工品などの製作が可能となり、
興味のある若者が集まるきっかけとしたい…将来的には「大工の学校」を創設したいといいます。

彼が凄いのは、考えるより行動…そこに周囲の人、若者が引き寄せられているところです。
先日のイベントの際にも「石垣さん、私が手伝える事があればやりますよ。言ってください」と向こうから声をかけてくれて、
甘えると、忙しい中、駆けつけてくれました。

たけちゃん、いつもありがとう!
人は地域の宝です。




◎11月25日フェイスブック掲載の法人会コラム

晴れていますが、今日も風が強いですね。
昨日は、女性部会の視察に行って参りました。風は強かったですが、
視察先でのホテル昼食では屋内でもありましたし、とても景観が素晴らしいところでしたので、皆さま、とても喜ばれていました。
「久しぶり、元気だった」とコロナ禍での久々の再会の声も聞こえ、設営させて頂いて良かった…と思える行事になりました。

今朝は、静岡新聞にあった「ふるさと納税、特典規制も」の見出しに目が留まりました。
ふるさと納税自体は、コロナ禍での巣ごもり消費もあり、昨年の寄付額は前年の1.4倍に近い67249千万円であったとのこと。
地場産ではないものや割り戻し率の高い返礼品の登場による競争激化もあり
「寄付額の30%以下の地場産品」との基準が以前に設けられましたので、
自治体提供の返礼品に関する更なる規制?と文面を読み進めていくと、
今回の規制は、各サイトが提供する還元ポイントなどについてのようです。

特典で寄付を募る手法は「自治体への応援」という制度の趣旨に反するとの批判もある…との事ですが、
地方自治体は使える制度は最大限に利用して寄付額を募りたい…ふるさと納税を扱う各サイトは民間企業でありますので、
規制の枠外であれば、何でも利用して利益を上げる方向に…純粋に故郷のために寄付したい…とする方を除く多くの寄付者は、
少しでも得する形で寄付をしたい…そう思って動くのはごく自然の事です。
総務省が訴える「制度の趣旨とは違う…」は、ここまで市場が拡大すると机上の理論と言わざるを得ません。

こうした総務省の意向を受け、大手仲介サイト運営会社の約20社が「ふるさと納税協会」を設立し、
規制要請などの窓口になるようです。サイト各社の統制がとれない状況で競争激化が続き、
ふるさと納税の制度自体の存続が危ぶまれる事態を避けるためには必要な措置だったと思います。

ふるさと納税制度も地方にとっては無くてはならない制度となりました。




◎11月26日フェイスブック掲載の法人会コラム

もう11月最後の週末を迎えますね。
この時期になると年末まで時間の経過が早く感じます。
今年は団体での忘年会も少ないのでしょうか。人流が増えている実感はありますが…。

さて、今朝の伊豆新聞の「伊豆の今」にマッサージ業界の苦境が伝えられる記事が掲載されています。
下田マッサージ師会によると、ピーク時に32店数えた会員が3店、100人超を数えたマッサージ師の数は現在10人に満たないとのこと。
文末に「風前のともしび」とありますが、私も想像以上の激減ぶりに驚きました。

私が東京から帰郷したのは平成3年のこと。バブル経済も終えてはいましたが、まだまだ旅館、ホテルには活気がありました。
法人会も会合の後は必ず懇親会を開催していましたので、年間で行う宴会の数は、少人数の形も含めると140回に上りました。
現在は、日帰り研修ばかりですが、昔は12日で6講座などの研修も行っており、
参加も200名近くありましたので部屋割りも大変な作業でした。
懇親会後はそれぞれがマッサージ師さんを呼ぶので、夜間のフロント周りには気忙しく多くのマッサージ師さんが出入りしていました。
それが当たり前の光景でした。この時代で言えば芸者さんなども同様だったと思います。

しかし、時代は団体から個人客へと変わり、大きなお座敷のあるホテル、旅館は施設改修も迫られる事となります。
転換出来ない場合は廃業も余儀なくされ、廃業ホテルは次々とグループ企業に買い取られ、
低額な宿泊料金を売りにする宿泊施設となりました。

これも時代の流れ…と一言でかたづけてしまう事は簡単ですが、コロナ禍で「密」を避けるため、
少人数での会食しか出来ない風潮にある今、あの頃の大宴会場での100人、200人の宴会が懐かしく思い出されます。

そこまでとは言いませんが、気兼ねなくワイワイと宴会が出来る世の中に早くなってもらいたいものです。